こんにちは。トビと申します。
好きな食べ物は中華飯に乗っているウズラの玉子です。
備忘録なので面白みに欠けますが、励みになりますのでよろしければコメントをお願いします。

小岩井、八戸、宮古行脚

暑い夏が終わったと思ったら、今日は長袖着用でっせ。
こんなに極端にならずに、過ごしやすい秋を満喫したい・・・・


さて、雪漫々
お隣は山形県のお酒でして、私が一番好きなお酒です。
IMG_7712
お値段もよろしいので滅多に飲めないのですが、何かある場合は奮発しちゃいます。




さて表題

グルメな旅へ(旅行じゃないですよ。なぜか車で東北を回るお仕事です)


まずは岩手県は小岩井農場近くの三千里さんへ
IMG_7721

盛岡にも店があり、冷麵や焼き肉のお店です。

また、この近くには冷麵の超有名店”髭”があります。



でもでもでもでも
私はここのコレが食べたいのです。
IMG_7723
牛骨の旨味がギッシリ



ジャジャーン
IMG_7724
見た目ほど辛くないです。
これね、旨いんですよ。
見たまんま


夜は青森県は八戸へ
ちょっと良いお店で刺身やコレ↓↓↓
IMG_7731
こちらではタラの白子を”タラキク”と呼びます。

美しかったので思わず漬物も撮影してしまいました。
IMG_7728


仕事を終えて帰りには岩手県宮古市に寄りました。

駅前のこのお店
IMG_7742
宮古市全体で”瓶ドン”というのをやっております。

このお店の隣には高級お寿司屋さんがあって、そこでもやっていますが何せ価格が・・・・
ここは美味しくてリーズナブルなんですよ~


1500円でっせ
昼食で使う金額として安くは無いけど、せっかく宮古に来たなら、絶対に食べないといけません。
IMG_7735


食べ方もレクチャー

ただ入れるだけなんですけどね。
IMG_7736

来ましたよ~
あらかじめ、めかぶ、玉子焼き、エビ、マグロ
IMG_7737

この角度は?
これで1500円ですよ~
IMG_7738
酒のあら汁も具が豊富。
タラのフライって西の方じゃ珍しいかも知れませんね。
この辺りではタラのフライや刺身が出ます。
タラフライ定食も有名なんですよ~

今回の瓶ドンにもタラのコブ締めかな?刺身かな?が入ってます。
IMG_7739

乗せ方がヘタクソ(笑)
IMG_7740
小さく切ったお刺身がたくさん♬
私は大きく切った刺身のいわゆる海鮮丼より、こういったチラシ系が好きです。

空きビン(笑)
IMG_7741

仕事の合間に小グルメを楽しむ。
楽しかったです。

ここ最近の備忘録 今年初のプロ野球観戦

30℃を超える毎日、私の古いバイクは近場しか乗っていないので記事が書けない(笑)

相変わらず、しょーもない備忘録でございます。

ちょっと書けない悪い理由があって新潟県は長岡市や十日町方面へ行ってきました。


突然ですが(笑)
これが航空機の、通称”ブラックボックス”です。
先週辺りに私の記事を読んで下さった方はなんでこんな物を突然出すのかご存知かも。
IMG_7686

これね、勝手に開けられないんですよ。
このタイプでボイスレコーダーが2時間
フライトレコーダーが72時間
車のドライブレコーダー同様に上書き記録されます。



時々こんな”突然話題”を入れますので(笑)


さて

美しい棚田が広がる風景。
この辺りから山古志村や小千谷市にかけては田んぼにならぬ錦鯉の養殖をしている小さな沼がたくさんあります。
IMG_7646



山道
IMG_7647

IMG_7651


途中で興味深い名前の集落を発見!!

最初、”宝島”だと思ったんだよねー

なので”宝の地図”に見えた(笑)
IMG_7649


よく見たら”室島”でした。
それにしてもバスの本数が・・・・
IMG_7650


さて楽天戦

すさまじいまでの観客隔離
IMG_7656
関東組に聞いたけど、千葉マリンスタジアムではここまでしていないそうです。


始球式は県知事
IMG_7659


普段は満員の楽天側外野応援席も当たり前のソーシャルディスタンス
IMG_7661


本日はアトラクション無料
IMG_7667


イエッーい!!


”無料”と聞けば乗らずにいられない貧乏性

まずはコレ
IMG_7665



上から見るとこんな感じでかなり高いっすよ~
一度は乗っても良いかも??
IMG_7674


お次はこいつ
フランスとか行くと普通に街中にあるやつ
IMG_7668



メリーゴーランド
IMG_7676
3周ぐらいしましたかねー



無事に勝ちました
IMG_7677

これで今年の観戦勝率は10割(笑)
今回は1試合しか観戦できませんでした。
また9月に会いましょう!!

オカルト② UFO 改造版

改造しました。
元記事はいただいた大切なコメントを含め私のみ閲覧可能状態です。

UFOを検索して来てしまった方、すみません🙇
あまり面白くない備忘録です。


AHO・・・・アホは私ですが、今日はUFOのお話

昔は「空飛ぶ円盤」なんて呼んでました。


そうそう、普通に関東から福島とかへ”日帰り遠征なさるツワモノのお方”がいらっしゃいますよね~
そんな方にまずはふってみます(笑)

UFOの里

ブログを読んでみて下さい。
スタンプラリーに参加して”CIAの秘密文書”をゲットしたくなります(笑)



さて


UFO
unidentified flying object
ウイキペディア



今年2020年、ペンタゴンでも謎の映像を公表しました。

米国防総省が発表したUFO



昔はTVが面白かったですねー

ハマキ型のUFOをマンガで書いた映像と、アイダホかどこか、かなり田舎の農家おじさんが出てきて
「わしは見ただ。あれはUFOに間違いねーだ。」

とか

アブダクション※の時は
「オラん家の牛が宇宙船に持ち上げられて、降りて来た時には綺麗に内臓をくり抜かれていただっぺよ。」

と、なぜか全員が東北弁で喋っていましたな(笑)



※キャトルミューティレーションとアブダクション
キャトルミューティレーションと言うのは動物が血液や内臓を失った状態になることで、よくTVとかで出てくる絵(UFOの下から光線が出ていて、牛とかが連れ去られている絵)は、アブダクションと言います。
逆に覚えられていたり、ごちゃ混ぜになっていますね。

私はキャトルミューティングと覚えてました(笑)


まあ、生きていくには知らなくても無問題なので心配ありません



さて、私のUFO目撃記ですが、「怪しいな」と思ったものから、「こりゃ間違いねーや」と思ったものまで、少なくとも片手ぐらいはあります。
多いか少ないかと言えば・・・・・多いかな?どっちでしょう?


今日はそのうち「こりゃ間違いねーや、皆もしっかり見ているし」といったことを書きます。
画像や映像が残っていないので、信ぴょう性に欠けますが、そこはいつも適当なブログってことでお許しを・・・・


それは約30年前、半年間ほどオーストラリアにいた時の話です。
かの国では当時もバーベキューが盛んでして、休日はあちこちの公園へ行ってバーベキューをしました。


ある日、いつもせっかくの牛肉を固く焼いたり(ワラジ焼きと呼んでいた)、せっかくの美味しいソーセージを塩でしょっぱくしすぎたりと、具材を生かしてない料理にウンザリした日本人3名は、日本風の焼き肉を提案したのです。


今は違うんでしょうけど、私の住んでいた北の田舎はイギリス植民地の名残りなのか、フィッシュ&チップ以外美味しい食べ物がありませんでした(当時はネットも無かったので、私が知らなかっただけかもね)


車を走らせてシドニーの日本食材料店へ行って、日本米と、同じく日本の焼き肉のタレをゲットしてきて、肉は叩いてやわらかくし小さく切り、白米を焚いて、野菜も綺麗に切って準備完了。
海が目の前にあるビルの屋上を借りてジャパン風焼き肉パーティーを開催したのです。


オージーや諸外国人総勢20数名が集まりました。
国が違うと飲み方も違い、けっこう楽しめましたし、何より日本風焼き肉パーティーは美味しい美味しいと連呼されました。

それは、まさに宴が最大級に盛り上がろうとしている時に起こったのです。


海から二つの球が・・・・飛行物体なのでしょうが、球にしか見えない物体が、とんでもなく明るい光を放ち超スピードで真っすぐに上昇したのです。

ズババババババババーン(音は無し)といった感じです。

距離から大きさを想定するに現在の戦闘機程度の球です。

もしかするとあまりに明るすぎて球に見えるのかも知れません。(最後まで正しい形はわからず)


その二つのオレンジ球が時に交差したり(こちらから海上を見るとX字になったり、平行に上昇したりじぐざぐに動いたりしながら超スピード(マッハ1よりはるかに速い)で約1万フィート(3,300m程度)ぐらいでしょうか、今度は直角に曲がって我々の上空方向へ飛んできました。

時おり雲に隠れるものの、同じような動きをしながらとんでもないスピードで飛んでいます。

その間、その飛行物体は無音で、我々は大騒ぎといった感じです。

字で書くとあっさり終わってしまいますが、そのままはるか彼方へ飛んで行きました。

この中のパンナム事件をお読みください

↑↑↑↑↑
引用:突然に「ピストルの弾丸が石の壁に当たって跳ね返ったように急激」に方向転換し、編隊を組んで西へ遠ざかっていった。

ホント、まさにこんな動きでした。


今でもあの光景は目に浮かびます。それほど衝撃的でしたし、30年経った今でもあのように動ける飛行物体は開発されていません(地球では)


宇宙を思うとワクワクしますね~

長い記事にお付き合い下さりありがとうございました。
やっぱりせっかく書いたこの記事は消さずに隠しておいて、引退時(空を降りる時)に再公開しますかね~


で、うまく締めくくられないままお終い(笑)

ここんとこの出張とベトナム料理店

いつもの備忘録



暑い時の休憩時間用・・・お菓子?いえっ、栄養補給です。

これね、お勧めですよ。
色々と似たようなのが発売されていますけど、そこはお好みで
IMG_7557

昭和の時代、スポーツ部のマネージャーがタッパーにレモンを切って入れてきてくれる良い時代でしたなあ。


ハチミツ入りとかもありましたっけ??
あんな時代に戻りたいオッサンです(笑)



秋田へは新幹線で
JR構内です。
「泣ぐ子はいねガー」
IMG_7563


酒の国、秋田では、除菌用アルコールが不足した時に、秋田の酒造メーカーが頑張って作った模様がTVでも取り上げられてました。

IMG_7564

大平山AKITA75
IMG_7565

飲んだらあの世に行けますからね~
駄目ですよ~



夜は赤星で
IMG_7568




そんでまた大阪へ

仙台空港のディスタンス絵
IMG_7579

IMG_7580



前回はアイベックス便、今回はANA便
こちらも機内サービスが復活しましたね。
IMG_7581


伊丹空港内の男子トイレもソーシャルディスタンスってことで
境界を設けてます。
IMG_7583

と思いきや仕切り板は無かった(笑)




帰ってきてからはベトナム料理店へ
IMG_7610

カミさんの何とかセット・・・・忘れちゃいました(笑)
IMG_7612
実に美味い


私のチキン・フォー
IMG_7613

娘のビーフ・フォー
IMG_7614

撮影するのを忘れましたが、ハスの冷たいお茶?がとても美味しくて、店の人にカルディで売っていると教えられ、作り方も教わりました。
かなり薄くするのがコツです。

私はハマってしまい、サーモスに氷を入れて、それに薄いハス茶を入れて毎日会社に持って行ってます。

ヨンフォア1号機ドナドナ


突然ですが、BMW K1300Rに続いて、ヨンフォア1号機が旅立ちました(;_;)/~~~

DSC_0323


1号機と名付けていたのはこのブログの便宜上でしたが、それにしても一番乗ったヨンフォアでしたし、常に完全に整備して乗っていたヨンフォアでした。


平成3年に世田谷のタイ〇トンネルさんで輸入したバイク
当時は綺麗な車体しか輸入しませんのでフィン欠け一つ無い完全個体です。


今回、ハーレー・ショベルヘッド乗りの方がいて、知り合いのバイク屋を通じて「見せて」と問い合わせがあったので持って行ったら一目ぼれした様子でした。


すぐに売却の話があり、ショベルに乗るくらい旧車に理解があって、そんなに惚れてくれているのならと、売却することにしました。


今までも「カッコイイ、欲しい、好き」とか言われるとすぐに売ってしまってます(笑)
K1300Rもタマ数が少なく、しかも2014年最終版でしたので・・・・・



・・・・・私のような素人がずっとイヂってきたバイクなので、手間賃をゼロ円と換算し、売りました。

DSC_0385

実走16,000km
この世に出て40年と考えると年間400kmしか走っていない(笑)

IMG_0178

OIL滲みもヘッドを開けてガスケット交換と再度トルクをかけて全て修理したし、ブレーキ鳴きも無い個体。
エンジン以下、一か所もリコイル部分がありません。


キャブも純正を純正部品で全てオーバーホール
フロントフォークオイル、シール交換、ブレーキ関係・・・・
最後は今回旅立ちの際、オイル交換やオイルフィルター、エアフィルターまで交換をしてあげました。




後は3年に一回ぐらいバッテリー交換やブレーキフルード交換をしてあげればずっと乗れるでしょう。
セルモーターもオーバーホールNEWにしたと思ったので、壊れるとすればスターター死亡とか、球切れなんかの電装関係ぐらいでしょうね。

IMG_7145
本物ヨシムラにバックステップ

CIBIEを付けてあげてカッコよくし、車検用のヘッドライトもプレゼントしました。

純正初期ロットのシートをタックロールに改造した貴重品も付けました。

イヂるのが趣味なので、またフレームでも買ってきて作ると思いますが、手持ち部品も少なくなってきたので、ここまでの完成品はもう作れないかも知れません。



これぐらいのミニ改造がヨンフォアフォルムが崩れずに最高にカッコ良いと思います。
IMG_7149

お元気で~

って、近所なのでまた会えるでしょうね(^^)/

続けざまに2台売って資金作り???
いえっ、ほんに偶然です。
たまたま欲しい方が重なっただけです。


特にヨンフォアはバイク屋さんが、「絶対にお得、つーか、こんなに程度の良いフォアがこの価格はありえない」と欲しい方に話してましたよ~。
さすがに素人整備でお金をいただくわけにはいきませんでしたので、当時購入した価格程度で売りました(笑)

なので資金作りにはなりません。

とは言え、何か欲しくてウズウズしています。
と書くと、次のブログ記事あたりで、”ジャジャーん”と新たなバイクが登場するケースですが、本当に白紙です。

夏は暑くて何もできない日本、コロナが終息しそうもない状況で数台持つのは難しいな~と弱気に思い始めてます。

オカルト③不思議な体験

②UFOを書き終えないうちに③不思議な体験をUPすることになってしまいました(笑)

まあ、お盆ですからね。こっちが先でいいべと思ったのです。
書き上げてみると全然怖くない(笑)
そうしてみると稲川淳二さんってやっぱり凄い人なんですねー



オカルト③不思議な体験

皆さんも不思議な体験をしたことがありますか?

私は酔って不可解な行動をしてしまった事は何度もありますが(笑)、紹介できる不思議な話というのは3つぐらいかな?
自分では普通の出来事だと思っていたのに実は・・・・ってのがあるかも知れず、そっちの方が怖いですけどね。


35年も出張族を続けていると「何か怖い体験をしたことがあるんじゃないの?」と思われがちでして、実際に同僚の中には何度か怖い体験をして、その内容を話してくれる人がいます。

海外では別な意味で怖いホテルがありますね。

ドイツでは薄暗い廊下に甲冑を着た兵士がたくさん立っていたり、メキシコでは保安のためにすぐ近くにあるレストランにタクシーで行ったり、そうそうヴェルサイユ宮殿前の、それこそヨーロッパにありがちな絵画のあるホテルでは3Dにビビリながら一週間滞在しました( ;∀;)
ラ・ヴェルサイユ


私の場合は以前書いたようにとっても怖がりなので「出るなよ~、出てくれるなよ~」と強く思っているからなのか、ホテルでの恐怖体験はたった一度しかありません。
年間60泊として、35年で約2,000泊以上ですかあ、ずいぶんと泊まりましたねえ~

・山形県S市で泊まったホテルでの出来事

平成も最初の頃はまだまだビジネスホテルがたくさんあったわけではなく、地方では旅館泊まりがけっこうありました。とは言え、出張先で同僚と同じ部屋で寝るというのも苦痛でして(笑)、一人一部屋をお願いすることが多かったです。


まあ、我が社に限らず、世の中がそういった時代になってきましたので、ジワジワと「旅館のビジネス旅館化」というのが始まりまして、どこの旅館でも「ビジネス旅館・シングル可」といった看板が目立つようになったのを覚えています。


そのような中、そのS市には、駅前に今でも営業している築年数の古いビジネスホテルがあります。
このお話は何度か宿泊したことがあったそのホテルでの出来事です。


お盆は過ぎていましたが、それはとてもとても暑くて寝苦しい夜のことでした。寝苦しい中でも何とか24:00頃にやっと就寝出来ましたが、深夜02:00頃(後から確認した)に、うまく表現できませんが「ヴヴァー」とか「グワァー」とか「ウウっ」と言った男の人の唸り声のような音が聞こえてきたのです。


私は「怖いよ~、勘弁してくれよ~」と思いながらも目を開けられません。声が止んだかと思うとまた聞こえます。それが2,3分なのか、5分なのか、ついに耐えられずに目を開ける事にしました。


作戦はこうです。
夜中だと思うけど、「ウオーッ」っと声を出して毛布を跳ね上げて蛍光灯スイッチを押す。その間、なるべく周囲を見ない(笑)


明らかに”うめき声”だし、隣室の声とは思えない・・・・我慢出来ずに作戦を実行しました。


結果、全ての電灯を付け終わってからは声が消え、部屋にはだれもいませんでした(ただし、作戦通りに何も見ていないし、鏡なんて恐ろしくて見れなかった)。


テーブルに置いていた腕時計を見ると深夜2時
一刻も早く脱出したかった私は、すぐにフロントに電話をかけました。


トウルルルルル
「フロントです」

「すみません、何かうめき声のようなのが聞こえて眠れないので部屋を変えてもらえませんか?」

「承知しました。別な部屋を用意しますのですぐに伺います」


へっ??
何があったのかとか、もう少し深く聞かないの??


以前にも別なホテルで冷暖房故障とか、隣室の夜中までどんちゃん騒ぎ音、冷蔵庫故障、シャワー温度が低いetc・・・・


高級ホテルにそれなりの金額を支払って宿泊している訳ではなく、普通のビジネスホテルです。
ホテル側はすぐに新たな部屋を用意するのではなく、部屋に来て現象を確認し、どういった内容なのかを根掘り葉掘り聞いてきます。
その上で判断し、納得して始めて部屋交換をしてくれます。


それが今回は二つ返事で
「部屋を変えましょう」
です。

しかも私が言った原因が”うめき声”です。
これは言いがかりととられても仕方ありません。


とまあ、今は冷静に書いていますが、その時は部屋を変えて欲しくて必死でした。
と言いますか、怖いので早く誰かと会いたいという気持ちが強く(笑)


部屋を変えてもらってからは不思議と蒸し暑さも感じずにスーっと眠ることが出来ました。
フロントマンが本当に簡単に「部屋を変えますよ」と言ってくれた訳・・・・恐らく何度も同じ現象が起きているんでしょうね。
何か冷静に「ああっ」といった感じで変えてくれました。

今でもそのホテルは営業していますが、私が妙な体験をした部屋に宿泊客を泊めているのかどうかはわかりません。聞く勇気もありません・・・・・・・



・次は一つ年上の同僚の話。
この話は約25年前の話しです。
夏も終わりに近づいたある日、会社の敷地内でバーべキューをしました。

飲めや歌えやではありませんが、かなりの量を飲みまして良い気分になった頃、中の良い4人でタクシーを呼んで国分町(仙台の繁華街)の行きつけのスナックへ行くことになりました。


酔っていて面倒なのか、着替えもせずに当時ブルーだった制服そのままでタクシーに乗り込みました。
今じゃ信じられないけど、そうやって呑み歩いた事は数知れず(笑)


ほどなく国分町に着いてスナックに入ると、カウンター越しにママの姿が見え、目で挨拶してボックス席に4人で座りました。ちなみに私たちはこのママさんとプライベートでも飲む中でしたし、だいぶ昔に店を閉じましたが、今でも親交があって旦那さんを含めてたまに飲みます。

ほどなくしてママが直接、生ジョッキを運んできてくれました。

ここでまた解説:今ではビールサーバーなんてどこにでもありますが、当時はそれほどポピュラーではなくて、この店のママさんが無類のビール好きだったのでサーバーを設置していました。会社敷地でバーベキューをしている時は缶ビールと日本酒だったので、どうしても生ビールを飲みたかったのです。スナックで生ビールなんて今じゃ頼まないなー


その時ママが持ってきたのは生ビール5杯分

(スナック等行った事の無い人へ:通常は水割りとか客が頼んだお酒を客の分だけ用意します。その後にママやスタッフが一杯いただいてよろしいですか?とか、別な飲み物を飲んで良いですか?となるので、この場合は生ビール4杯が正解)


ママ
「あれっ?もう一人は?」


我々
「ん??」


ママ
「トイレに行ったの?ほら、一緒に来た、身長が高くて森田健作みたいな人、同じ制服着てさ」


我々
「へっ?」目を合わせてザワーーーーっとする。


本当に沈黙して目を合わせましたね。全員が同じ思いをしていました。


実はその一か月ほど前に私の一つ上の同僚を亡くしていたのです。
脳の病気で、短い闘病生活を送った後に鬼籍に入りました。

その同僚がまさに背が高くて森田健作に似た人でした。

恐らく同じ制服を着て同じようにバーベキューを楽しんで、国分町へ行く我々と一緒にタクシーに乗って来たのでしょう。


このママさんというのは、元々、俗に言う”見える人”で、以前から不思議な話を聞かされたことがありましたが、この時は心底驚きましたねー。

亡くなった同僚はこの店に来た事は一度も無く、だれも店で同僚の話をしたこともありません。

ママさん曰く、ボヤーっとかではなく、はっきりと見えてて、一緒に入って来たそうです。
”見える”ママが席に来たのでスーっと消えてしまったのでしょうか・・・・・


普段、私たちは何も見えませんが、実は一緒に行動をしている誰かがいるかも知れませんよ?




・光る少年

それは津波から数カ月後、まだまだガレキが道路の端々に残っており、また、持ち主の承諾を得られなくて壊す事の出来ない半壊家屋などが数多く残っていて、復興などとは程遠い状況下での出来事です。


仙台空港の東側と北側が私の通勤経路でして、震災前、その辺りには数百軒の街並みがありました。民家、農家、ラーメン屋さん・・・そこで生活する人々が確かにいたのです。

震災後は、まだ街灯の整備されていない道路は夜遅くなると真っ暗で、通行する車もほとんどなくて、ちょっとビビリながら通勤する日々でした。


ある日、やはり真っ暗な道を「早く街灯のある道に出たいな~」「もう近道はやめて遠回りでも明るい道を通ろうかな」なんて思いながら走って行くと、前方にボーッと明るい場所があります。


何だろう?とか、あれ?とか思ったのか思わなかったのかは覚えていませんが、走る先の左側にボーっと明るい場所があるのです。


減速して私から向かって左側、助手席越しにその明るい場所を見ると、中学生の男の子が自転車にまたがって止まっています。(学生服姿で中学生と判断しました)


その子の身体全体がピカピカ光っているのです。
いや、もしかすると光っているのではなく、そこだけが明るかったのかも知れません。

そして、坊主頭のその子はこちらを見てニコニコと笑っています。


私はと言えば、止まりそうなぐらいまで減速はしたものの、車を止めず・・・・
何も考えずといった方が当たっているのかな?
少年が光りながら笑っているなあと・・・・・・・・・


不思議??といった感覚もなく(後から考えると、あの時刻、あの場所に、学生服を着た中学生が、しかもピカピカ光っている訳もなく)、そのまま通り過ぎてしまいました。


通り過ぎた後、すぐに左サイドミラーを見ると、スーっと明るさが消えました。


「えっ?えっ?」と、この時になって初めて恐怖心が出て、バックミラーを見ることも、後部座席を見る事も出来ません。相当なスピードを出して明るい街中に入りました。


その後しばらくはその場所を通るのをやめていましたが、少し交通量が多くなったり、街灯が増えてから通るようにしました。それから今まで、一度も同じように明るくなっていた事はありませんでした(明るくなっていたらUターンしようと決めていた)ね。


あれは何か、私に対するアピールだったのでしょうか?
気付かないだけかも知れませんが、その後に何か妙な事は起きていません。


少年は本当にピカピカしていました。
真っ暗な場所で自転車にまたがってニコニコと笑っている少年がいたのです。


この場所辺り・・・・
実は社内で、同じような場所で車が壊れた、何か見えた等々の話しが数件ありました。
少年を見かけたって話は無かったのですが、不思議な話はたくさんありました。

今はもう街灯も出来たし、通行する車の量が多いので怖い道路ではなくなりました。


東日本大震災
ご存知の方も多いと思いますが、津波警報が出た時刻には津波がやってこなくて、1時間後とかもっと後に津波が来ました。

亡くなった方の中で決して少なくない数の方が、一度は逃げたものの、来ない津波に安心して引き返して災害に遭っています。


光っていた中学生も、まさに戻る方向を向いてました。
家族に会うため家路に急いでいたのか、ニコニコしていました。





震災の話しもいつかはしたいと思っています。
・・・・・なぜなら私は、あの津波を上空から見ていたからです・・・・・・・


暑い時には・・・・

いやはや、シャレにならない暑さですねー

私の記憶の中で、宮城県が30℃を超える日というのはとても珍しくて、なぜか喜んだこともありました。

それが今じゃあ30℃は普通に突破する気温となってしまい、夏が楽しくなくなりました。

去年痛い目にあったので今年は早々と寝室にもエアコンを付けました。
これが大正解!!
以前は真夏でも網戸では風が涼しすぎて閉め切って寝る日も多かったのに、今ではエアコン無しでは眠れません。
朝晩は涼しかった宮城県もそうではなくなってしまいました。


そんなあなたに本日は涼しくなるコレをプレゼント

IMG_7592
何じゃこりゃ??

こんなもんで涼しくなるわけねーべや(# ゚Д゚)


いやいや、かなり涼しくなるのと楽しくなりまっせ







スイッチON!!!

IMG_7593
こうなります(笑)


暑い時には熱い麺類か辛いもの・・・・

スープカリー屋さんへ行ってきました。

娘が大学時代にバイトをさせていただいていた店です。
当時、娘はバイトが続くと身体の芯までカレーの香りが移ってしまい、本当にカレー臭かったです。
・・・・私は加齢臭ですが・・・・


このお店、毎年お正月の初売りでお得な商品券を販売するのですが、娘は必ず購入してプレゼントくれます。

コロナ禍でなかなか食べに来れなかったのですが、やっと。

私の骨付きチキン
IMG_7556
御飯を大盛りにして下さいと言ったら、サービスなのか超大盛に(笑)
食べきるのが大変でした(;^_^A


カミさんのベーコン厚切り
IMG_7555

昔むかし、札幌ドームの近くで初めて食べた時、これはいったいどうやって食べるの???と聞いたことがあります。

その時、店の方は「お好きな食べ方でどうぞ」と言ってくれましたが、「だから、そのお好きな食べ方がわからないんです~」と心の中で叫びました(笑)


そして、7月21日より解禁になった赤星缶ビール
東北ではサッポロのラガーを出す店は少ないんです。
なのでこの期間だけ売っている赤星は絶対に買って家やホテルで飲んでます。
IMG_7568

まだまだ暑さが続きますのでご自愛くださいまし。

オカルト①福来心理学研究所

皆さーーーん、暑いですかーーーー
そりゃそうに決まってるべ

さて、お盆ですね。
ご先祖様が帰ってらっしゃるので少し涼しくなるお話でもと



夏と言えばチューブ??


いやいや、怖い怖~い、あの方が出てきますよ。
”今年もあいつがやってくる” ”怪談ナイト”

「寒いよ~、寒いよ~」と霊の言葉を巧みに話すあの方、そう、稲川淳二さん。
平成生まれの方々にとっては、タレントとしてよりも霊現象を伝える人としてなじみ深いのかな?

私はこの話を覚えています。

「ウイキペディアより
1985年8月12日、健康番組の『稲川淳二のためになる話』を東京で収録後、日本航空123便で大阪に移動する予定だったが、当日は立つのが辛いほど体調を崩していた。そこで翌朝に一番列車の東海道新幹線で大阪へ向かうようスケジュールを変更したため、墜落事故の難を逃れる結果となった。一方、友人で同番組を手伝っていた美容研究家の和田浩太郎は収録後用事があるために大阪へ移動する際、羽田空港への到着が早かったため本来予定していなかった同便に搭乗して犠牲になった。稲川本人はこのエピソードを「運命の分かれ目」「生涯忘れられない出来事」と語っている。」


幽霊話・・・実は大の苦手でして、怖い。
ものすごく怖い。
ええっ、普段、女房子供にはえらそうにしていますが、相当なビビリマンです(笑)

なので絶対に怪談ナイトとかには行きません。
幽霊屋敷も行きません。


さてビビリマンのくせにお題にした「オカルト」


今日から3シリーズで(笑)書きとどめておこうかと思います。
年老いて物忘れが激しくなってもブログに載せておけば大丈夫でしょう。


①福来心霊研究所
私はこれに何ら関りがありませんが、地元ですし、へー、そうだったんだーって思った事があったので紹介記事で備忘録
・超能力のことです。

②UFO
これは私が実際に見た事実です。
・未確認飛行物体のことです。

③スナックについてきた亡くなった友人の話とか、某ホテルでの出来事とか
これは私が実際に体験したことです。
・霊的なことです。

何せ出張歴35年ですからね、他にも「んっ??」といった事がたくさんありましたが、適当なことは書けないんで、確信と言いますか間違いなくあった事を書きます。



第一弾は
福来心理学研究所

です。
今も仙台市にあるみたいです。

この方が
福来友吉
土井晩翠(有名な人)志賀潔(さらに有名な人(笑))の協力を得て仙台市青葉区台原に「福来心理学研究所」を設立して超能力者三田光一(月の裏側を念写した人)の育成をしたり、色々とした(面倒なのでWEBを見てね)そうです。

飛騨に福来心理学研究所があって、こちらがわかりやすいです。

飛騨福来心理学研究所

で、何で私がこんなことを知っているかというと、数年前、ひょんなことから映画”リング”の作者がここからヒントを得て書いたってことを知って、その後に色々とWEBを調べたことがあるからなのです。


今日はせっかくだから紹介しておこうと思い立ちましたが、私はリングを観ていません。そりゃそうですわ、怖がりのジジイが映画館で「キャー」なんて騒いだら白い目で見られますからね。
でもなぜか興味があるという・・・・・怖いもの見たさ?(笑)

色々とググって見て下さいねー
高橋貞子さんて方も出てきます。

すると福来博士役があの方で、御船千鶴子役があの方でとご理解できるそうですよー
私は映画を観ていませんからわかりませんが(笑)

いや、でも近々観てみたいと思います。
観ないモヤモヤ感がありますからね。
白昼、ビールでも飲みながらじゃないと無理でしょうけどね。


「透視と念写」
私が小学生か中学生の頃に〇〇少年とか言う方がTVに出ていた記憶がありますが、定かではありません。

スプーン曲げはユリゲラーがいましたねー
今はマジシャンがばんばん曲げてますが・・・・

昔々、ドラエモンのポケットがあったら何が欲しい??って話があって、ほとんどの人が「どこでもドア」と言う中、私の脳内は「とうしめがね」でしたよもちろん(^^♪

何故かって??
思春期の頃の話ですよ。そりゃアレですよアレ、”見たい見たい病”
聞かないで下さいよ恥ずかしい(笑)

K1300Rドナドナと、”まんみ”

バイク話が無いバイクブログ

今日はバイクの話を



実は、BMW K1300Rを手放しました。

えっ?何で急に??

BMWは高性能車なのに全然走る機会が無くて可哀そうだな~と常々思ってました。今年はガッツリ走れると思っていた矢先にコロナ禍・・・・オリンピックも延期になってしまい、私の脳内2020は嫌な年になってしまいました(災害等、もっと大変な方々がいらっしゃるのにすみません。)



私のバイクは2014年式で完成されたK1300Rと呼ばれており、BMWディーラーに置いたらすぐに欲しい方が・・・・


大事にしていただけそうで何よりです。
所有しているのにさっぱり走れない状況はつらく、高性能マシンはやはり乗ってあげないとダメだとつくづく実感しました。

IMG_5125

愛着が無かったわけではありませんが、私の元にあるよりも、高性能を生かして乗ってもらえる方が嬉しかったです。



お元気で~


と、軽くお別れをしましが

かな~~~~~~り、悩みました。




で、店にバイクを届けた帰り、カミさんの車に乗って寄ったのは”まんみ”

近所のモールのフードコートにも出店していますが、中華は雰囲気で食べる物なので、やはりちゃんとお店へ。

仙台名物”マーボー焼きそば”の店として有名ですが、我々はいつもの定番をチョイス

私のルースー
肉細切り炒めあんかけラーメン
IMG_7485

中華なのですが、醬油がガツンと来ます。

海外出張から戻った時に食べると涙ぐんでしまいます。
今日はバイクとサヨナラしたので塩分補強なのです。

最後はしょっぱいのでミニライスを頼むと最高!!


カミさんのあんかけ焼きそば
IMG_7484
どこへ行ってもあまりハズレは無いと思いますが”まんみ”のは美味いです。

お客様の半分以上がマーボー焼きそばを頼んでいるように見えました。
昔は仙台駅の近くにあったのですが、再開発で移動を余儀なくさせられた感じでしょうねえ。

ご馳走様でした。

日本海側で仕事

”梅雨明け”は未だですねえ

”コロナ明け”も見通し立たずで困ったもんです。


さて、日本海経由で関西へ仕事出張してきましたので備忘録・・・・いつもながらつまらない個人備忘録にお付き合い下さいまし。


仙台空港→小松空港便は、飛行機に乗るためにバスで移動します。
”密”を避けるためにバス搭乗も番号分けされますが、どう勘定しても全体で12、3人しかいませんけど・・・・


最初のグループは5名(+_+)
IMG_7490



CRJという小さい飛行機ですからね、私は天井に頭がぶつかりそうになります。
IMG_7493



そうそう、7月15日からドリンクサービスを再開したそうです。
コーヒーは無くてお茶とアップルジュースのみですけど、乾燥した機内では嬉しいですね。
IMG_7551



ほどなく小松空港到着
IMG_7495

仙台空港同様にガラガラの空港ビル内


石川県に到着しましたが、お隣福井県の恐竜アピールが凄い
IMG_7496
ここまで歓迎されると福井の恐竜ワールドでしたっけ?
あそこに寄ってみたいですね。



車を飛ばして敦賀到着
ちょうどお昼ですので駅前のお店へ
IMG_7499
ここは地元民も愛するお店で、とても美味しいんですよ~


敦賀に来たら何が何でも”ヨーロッパ軒でフライ物”という時代もありましたが、メンバーが皆ジジイになってきて揚げ物を避けるようになってしまった(笑)


となると文楽園の一点


ここのランチはご飯が”中盛”でもこんなに来るんですが普通に食べられます。
揚げ物とは違って量が多くても入りますね。
キムチも美味いし、なんてったって肉、そしてタレが美味しいのです。
IMG_7501
これで一人前、韓国海苔や食後のソフトクリームも付きます。
ウーロン茶は大ジョッキ(笑)


仕事を終えて、宿泊は小浜です。
IMG_7506
IMG_7513

宿は駅前の若杉旅館

どこの旅館も今はビジネスタイプにして一人一部屋を確保しないと客が来ないみたいですね。


この旅館には原発関係で機動隊の面々が泊まっています。
IMG_7507

身体がゴツいのですぐにわかります(笑)


晩御飯はビジネス飯なんですが、おかずも豊富で十分すぎます。
生ビールを二杯ほどと、地酒を一合ほどいただきました。
東北とは違った蒸し暑さで疲弊した身体には最高で五臓六腑に染みわたりましたぜい。


毎日ビールを飲んでこんなに食べていたら太りますな。
IMG_7509

朝めし
IMG_7511
立派立派
朝から2杯飯で仕事へ行きたくない病が出そうです。


今回は車で石川、福井と動き回る仕事でしたのであちこち走りました。
IMG_7519
恐竜街道にある”道の駅・九頭竜”


この先の峠を下ると岐阜県は”郡上”、少し走れば飛騨高山です。


恐竜のお出迎え
動くんですよ~
IMG_7518

ここでお昼ご飯にします。
マイタケの産地らしく、土産にもメニューにも舞茸がふんだんに。


舞茸蕎麦でも食べようと券売機前に立ったら「カレー蕎麦やカレーラーメンがお勧め」と書いてあったので、こんな山中で?と思いながらも、私らしくカレーラーメンをチョイス(笑)
IMG_7520

・・・・だから言ったべ~、舞茸の産地なんだから舞茸ご飯を喰うとか、山中なんだから絶対に蕎麦が美味いだろうとか、・・・・・ええっ、もしかすると私の舌がダメダメなのかも知れませんが、チョイスミスでした・・・・



気を取り直して舞茸ご飯のパック詰めを買おうと売店に向かうと
パイナップル??なんで??
IMG_7521
いや、トウモロコシか??
でも何故に大根を持っているのかわかりません。


今夜は福井市に泊まります。
IMG_7536

IMG_7537
駅前のビジネスホテルに泊まりましたが、そこそこ人出はあります。


翌朝、他の面子と別れてサンダーバード乗車
特急券は当日限り、乗車券は二日間共通なんですなー
IMG_7538

おっ、しらさぎも来るんだな。
IMG_7539
普段、太平洋側の列車しか乗りませんので、楽しいです。


途中、琵琶湖を観ながらなんてありませんからね。

来た来た
IMG_7542

大阪駅に到着し、丸ビル前からリムジンバスで伊丹空港へ。
鉄道乗り継ぎでも行けますが、よくわからないので(笑)


伊丹空港へ着いたので洗濯物で一杯の荷物を預けます。
大きな空港は自動で預けられるので楽ですわ~。
IMG_7544

荷物を預けて、昼飯

伊丹空港じゃいつもコレ
IMG_7549
た、た、たまごが割れている~

まっ、仕方あるまい(笑)


午後からはさくさくと仕事をして帰路に
慌ただしい出張でした。
最新コメント
記事検索